退職による業務委託の契約形態

IT専門職として仕事をしている方の中には、会社に所属し、仕事をしている方もいると思います。
会社に所属していれば、収入面も安定していますし、補償などもしっかりしていますから、安心して仕事を続けることが出来ますよね。
しかし、中には会社側から「これからは、業務委託の契約で仕事をしていかないか?」と声をかけられている方もいると思います。
「自宅で仕事が出来れば、いいなぁ」と思っていた方にとっては、「これは、チャンス」と思っている方もいるでしょう。
しかし、退職をし、業務委託に変更する際には、どういった契約形態となるのか注意が必要です。

IT専門職として仕事をしている方の中には、「毎日、残業があるから、業務委託になれば仕事のペースを落とせそう」と感じる方も多いと思います。
業務委託となれば、自宅での仕事がOKとなることもありますから、「これからは、プライベートも充実出来る」と思っている方が多いでしょう。
しかし、業務委託で仕事を行う際には、どういった契約形態となるのかが重要。業務委託を行う際には、委任契約となるか、請負契約となるかによって、仕事の進め方も変わってくれば、報酬についても変わってきます。ということは、どういった内容の契約形態となっているかによって、万が一トラブルが起きてしまった時の対応も大きく変わってくるということ。

また、退職をして、業務委託を結ぶとなれば補償面なども大きく変わってくることになります。
それを踏まえて事前にチェックしておくことが必要となります。「業務委託にするか、迷っている」という方もいると思いますが、まずは契約内容や補償内容をしっかりと確認した上で、慎重に判断していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です